ふくろう通信

ふくろう通信 新しいことについて

20104 

新しいことについて

2010年度がこの4月より始まります。
心機一転がんばりたいところです。

当院にとって最近、新しく導入されたことがらを少しご紹介いたしましょう。

 

レセプト電算化
厚生労働省の指導で、レセプト(診療報酬の請求)を紙によるものから電子化され、さらに今後はオンラインで報告することになりました。
このため高額な機器の導入も必要で、色々と手間暇がかかりました。
お年寄りのコンピューターに不慣れな先生方は大変だと思います。これも時代の流れとあきらめ、したがっております。

 

レントゲン設備一新:
フィルム現像装置が老朽化し、たびたび故障して、困っていましたが、これをデジタル化することにより、現像は不要となり、即時に画像化することができ、便利になりました。今までレントゲン写真は現像してフィルムにしていましたが、

今回導入した装置により、コンピューターに保存されるようになり、保管場所がいらなくなりました。もちろん現像室も不要になり、別の用途に使用しています。

また撮られたレントゲン写真をご希望の方はご請求されて下さい。

 

FAX,コピー総合機のカラー化
今月号からふくろう通信の紙面でもお分かりかと思いますが、さらに印刷が綺麗になりました。
今までの印刷方式から新しい方式に代えたことにより、水ににじまず、色がさらに鮮明になりました。
また高速で印字でき、いろいろな機能も充実、機械も安定しており、大変これも便利になりました。さらに良いサービスができるものと思います。

 

実戦的医学書の整備
ハードだけ新しくしてもいけませんので、私の頭も少しばかり、古い知識を新しいものと入れ替えるため、医学書を新規購入しました。
私の診察室にありますのでご覧いただけます。「2010年版:今日の治療指針」、「2010年第6版:今日の治療指針」、「2010年版:今日の治療薬」、「2010:外来診療ガイドライン」などです。これらを武器に皆様の診療に力を入れたいと思います。

 

ホームページの充実
私はどちらかというと、あまりパソコンは強いほうではなく、必要最小限はできるようにしています。そのためホームページがなおざりになっていましたが、最近少しずつ充実するように心がけ、ふくろう通信も最新3か月分は載せております。時々訪問して下さい。